住むところを決めるのも投資!

この記事は約2分で読めます。

今日は意外な投資、しかも人生を決めて
しまうような、一番大事な不動産投資に
ついて書いてみます。

それは、住むところ。

※融資のお得な技を知りたい方はこちらへ

私が実際に経験して骨身に染みた話です

もう20年以上前になるでしょうか当時
住んでいた家が手狭になって、父は何を
思ったか、ただ安いという理由で、当時
住んでいた所からさらに職場から大きく
離れた場所に家を買ってしまったのです

ちょうど平成バブル華やかりし頃でした
安易に高く売れると考えたのでしょう。

私たち家族は驚き、反対さえできません
でした。何せある日突然、独断で買って
しまったのですから。

引っ越した後は大変でした。広くなった
のは良いにせよ、進学して都心に通学
するのが大変でした。

そして父の病気も重なって就職時に通勤
できる企業も限られてしまいました。

就職先が限られるということはキャリア
形成のチャンスが狭まります。
平成バブルがはじけた後はそのハンデは
大きいということは容易に想像できます

本当なら大企業に就職もできたのですが
無名の中小企業だけに限られるのは中々
辛いことです。

今でこそ都心に近いところに住んで、
色々な情報や人に容易に触れられて幸い
ですが、もっと早く今の状況にいたら、
もっと幸せな人生が送れたのではないか

後悔しても栓無きことですが悔やんでも
悔やみきれないものがあります。

「安物買いの銭失い」

この言葉は重要ですね。

それではまた!

いやぁ、不動産って奥が深いですね

↓押していただけると、とても嬉しいです!

人気ブログランキング

コメント