野立て太陽光の知られざるリスク

この記事は約2分で読めます。

 野立て太陽光は空室リスクがないので
リスクフリーの不動産投資と言われます

リスクと言えば、田舎の土地に設置する
ことから銀行評価が出ない、あるいは
債務超過資産と判断されるリスクぐらい
でしょうか。

小耳に挟んだ話しですが意外なリスクが
あるそうです。

それは破損リスク。と言っても風災由来
の破損ではありません。

なんと、鳥による破損です!

どうやら鳥はパネルの反射を嫌って、石
を空から落として壊すらしいのです!
よほどあの反射が眩しくて嫌なんですね
町中でも隣人が太陽光パネルの反射と熱
を訴えるくらいですから、、

そりゃ、毎日の飛行ルートに眩しいモノ
があれば壊したくはなりますわな。
生活がかかっていることですしね。

保険を使えば良いじゃないかという声も
聞こえそうですがどうなんでしょうね。

今に保険が使えなくなる恐れを感じます
理由としては、

1;継続的に続きそうな災害であること
壊しては直す、壊しては直す、、
の繰り返しでは保険会社も不審を抱く
でしょう。

2;動植物による被害は認めない
意外かもしれませんがシロアリ、ネズミ
等による被害は保険の対象外です。
これが適用されるとなると、、ですよね

対策としては、、

「最初から黒いパネルで反射を防ぐ。」

これしかなさそうです。

いやぁ不動産って奥が深いですね。

↓押していただけると、とても嬉しいです!

不労所得ランキング

コメント