フィリピンの不動産投資ってどうよ?

この記事は約2分で読めます。

先日、知人からフィリピンへの不動産
投資説明会の案内が届いた。

なんでも外国人向けの投資案件らしく、
当局の”退職庁”が一枚噛んでいるとの
こと。

フィリピンは人口動態的に若年層が多く
どこかの国と正反対。そのおかげで経済
発展が望めるのだが、逆に何らかの要因
で経済が停滞したときに若年層が多い分
社会不安が増大する。

なにせ若い者は血の気が多いからね。
大変だよ。きっと。

そんなときに調整弁の役割を果たすのが
たぶん、海外から招いたリタイヤ組。

彼らは経済的に余裕のあるリタイア組。
つまり雇用を奪わないことに加えて消費
だけする。

もっといえばエンジェル投資家や経営、
技術継承者の役割も果たすかもしれない

これらをフィリピン当局は期待している
のだろう。だとすればなかなか賢いぞ!

ちなみに私は、詐欺でないとしてもこの
案件を見送ることにしました。

その理由は

・フィリピンは銃社会であること。
・区分であること → 管理費が高そう
※少なくとも日本では無視できない額
・基本的に実需に近い(賃貸OKだけど)
・海沿いに近い(津波が怖いかな?)
・プレビルドであること
 簡単に説明すると、建設前に資金を集め
 完成後に引き渡す形をとる。

 やはり見送る主となる理由はプレビルド

現地の建設会社が手掛けるので工期遅延
が発生しやすく回収開始の時期が読みにくい
欠点があるので止めました。

家賃収入無しで返済だけあるというのは、、

あなたも同感ですよね。

いやぁ、不動産投資って奥が深いですね。

追伸
 仲介業者回りの必要のない「ある考え方」
を取入れた空室対策のメルマガを始めました
ついでに家賃20%アップも叶いました
どちらかといえば初心者、初心に帰りたい方
向けでしょうか。

購読された方全員に無料レポート
「不動産投資に有利な副業とその進め方」
を差し上げます。

とりあえず、こちらのページへどうぞ。

↓ ポチッと押してね!

コメント