事故物件を民泊で儲けた男

この記事は約2分で読めます。

事故物件、いわゆる心理的瑕疵物件。
不動産投資家にとって天敵ワードだが、
これを逆手に取って民泊で儲けた男と
話したことがある。

外国人旅行者の中には変わり者(?)
がいて事故物件専門に渡り歩くのがいる
のだという。

こういった嗜好者をターゲットにして
事故物件をあえて借りてリスティング
(Aibnbにアップされている物件の意味)
してゲストを募集して一稼ぎしようと
目論んでいたようだが、地縛霊の方々
(?)が一枚上手だったようだ。

稼ぐには稼げたようだがリアル稲川淳二
の世界を色々体験したらしく、長続きは
しなさそうだと語っていた。

その体験談を書くと、

・その物件の視察に行くと同行スタッフ
が突然大声で笑い出し、気を失った。
(本人は覚えていない)

・事故物件視察を繰り返している内に
付いてきた霊が娘さんとお話をしていた
しまいにはケーキをねだってきた
(このへんは怖くないな)

・憑いていた地縛霊がお仲間さんを連れ
てきてしまって心霊現象がエスカレート
ゲストが「怖すぎる」と言って苦情が来
た(サービス過剰に苦情をつけるようで
違和感。新手のクレーマーか?)

・地縛霊の方々は仲間を連れてきて色々
やらかす派と一匹狼的にパフォーマンス
される方に分かれる・

・事故物件は新宿・渋谷のワンルームに
やはり多い(やっぱりね)

いやぁ、不動産投資って奥深いですね

コメント