高齢者を排除する賃貸住宅市場

この記事は約3分で読めます。

 少し愚痴っぽくなります。その辺はご容赦を

 空き店舗活用の一環として福祉施設転用を
考えて、専門のコンサルさんとの面談時のこと

結局、ある理由で転用不可となったのだが、
この後がいけない。

このコンサルさんは、リストラされコンサル
起業されたのだが、とにかく商売が下手。

無能を通り越して低能レベルである。

もはやネットや漫画レベル!

「事実は小説より奇なり」レベル!

周辺の福祉施設のレポートを売り込まれたが
転用不可なら意味ないので断った。
(当然、分かるだろうに、、)

するとそれに怒ったのかとにかく立場を忘れ
説教するのである。(なんで怒るかね~)

きっと若い世代を教育せねばならないという
謎の信念があるのだろう。

まずは名刺をひけらかして、人脈の広さ自慢
そして、検済証代わりのエンジニアレポート
作成の高コストがかかることの説教。
(別に無理にやらないよ。逆に費用の融資の
仲介を売り込めばいいのに。あっ、売りこめ
ないから怒るのか笑)

そして第二弾が当物件の立地をディスる!

やれ、人通りが少ない、閑散としている、、
(いやいや、ここは歓楽街と住宅街の際。
それは当然。というより事前に調べて仕事
断れよ、、)

ダメ押しの第三弾が成人数の減少を挙げて
不動産賃貸業を続けることの愚かさを延々と
演説!(ここは若い外国人多いよ、大丈夫
あんたみたいな年寄りは端から相手にしない
からね~だったらあんた日本から出て行って
商売しなよ)まぁ典型的な不動産投資否定派
のあるあるですね。

喫茶店でありがたい演説を拝聴しながら笑
熱いコーヒーをかけて進ぜようかとも、
思ったが、私に飲まれるのが幸せか、この
御仁にかけるのがどちらが良いか冷静に
考えて、何もせずに静かに飲むことを決めた
この御仁のおごりでもあるからね。

まぁ、おとなしく黙っていれば裸の王様に
なって、世間様が敵を取ってくれるだろうよ

と、まぁ愚痴が多くなってしまったが、
ここで改めて分かったことは賃貸業は若年層
相手のビジネスという認識が一般的であると
いうことと、ここに競争の激しさが生じる
不毛さがあるということ。

であれば高齢者向きのビジネスを展開すれば
良いし、ほかにも何かしらの歪みをついて
儲ければいいのである。

毒を吐くようだが、順番から言えばこういう
老人が早く鬼籍に入る分、人口減少はする
ものの、人口の質が良くなって日本の将来
は明るいのだろう。

追伸
 ↑ のオッサンには夢にも思いつかない、
 「ある考え方」を取入れて空室解消と同時
に家賃を20%引上げたノウハウを紹介する
メルマガを発行しました。

購読された方全員に、無料レポート
「不動産投資に有利な副業とその進め方」
を差し上げます。

とりあえず、こちらのページをどうぞ。
 
↓押していただけると、励みになります!
シェアも大歓迎です!

コメント