損害保険は儲かる。太陽光の場合

この記事は約1分で読めます。

 野立て太陽光に限らず台風などの災害で
破損した場合、災害保険でパネル交換費用
を賄うことができる。

ここまで書くと単なるパネル交換による現状
回復で話が終わるが、パネル性能の経年劣化
と最新パネルの性能向上を絡ませると、話は
良い方向に変わってくる。

太陽光の案件を検討されたあなたなら分かる
と思うが、ソーラーパネル発電量の経年劣化
が指標として目安ながらも数値として表され
ている。なんだか家賃下落と変わらないなぁ
と思われるかもしれないが、ソーラーパネル
は半導体の世界。日進月歩の世界で変換効率
が日々高まっている。

そう、お分かりの通り、災害等の被害で交換
した場合、パネル性能が向上して売電収入も
上がる!つまり、損害保険加入自体が利回り
アップにつながるのである!

 繰り返すようだが、通常の不動産投資なら
単なる原状回復で終わって、家賃収入は増え
ないが、太陽光なら性能向上で収入が上がる
点が大違い。

ただ、一点注意。
法人で太陽光を購入した場合、交換費用以上
に保険が下りた場合に利益とみなされ税金が
発生する。その場合は、手出しが出てもより
良いパネルに交換するのも税金対策として
良いかもしれない。

いやぁ、不動産投資って奥が深いですね。

↓ ポチッと押してね!

不労所得ランキング

コメント