不動産投資、難しい物件を高く売却できた話

この記事は約2分で読めます。

 築古木造の物件を少しではあるが、高く
売却できることに成功した。

築古木造は売るのが難しい部類である。
しかも融資が閉まりつつある、この時期に!

売却成功の秘訣は買主様の住所と職業。

住所は物件近く、まぁご近所さんですね。
職業は幸運にもリフォーム屋さん。

なぜ幸運なのかと言えば、推測ながら買主様
は私の物件をリフォームしたことがあるか、
既に知っていて、私の物件が築年の割に良い
状態であることを分かっていると判断できた
からだ。

つまり、かなり欲しいということ!
買いたい病にかかっているのかも、、

早速、この旨を仲介さんに伝えて説得工作を
試みたところ、見事に値付け成功!

少しだけだけどね。
でも成功には変わらない!良しとしよう!

よく聞くノウハウとして買主側が売主の弱み
を探って指値を成功させる秘訣があるが、
今回はその逆を行った。

あとは、賭けになるが指値の材料として地下
の水道配管が建替え時のトラブルが予想され
ることを挙げてきたが、すでに隣地との覚書
で解決済みであることと、建替え時の深刻な
トラブルでないことから逆に「嫌なら買うな」
の軽い恫喝を加えたのも要因かもしれない。

※不動産業界で働く女性って多いですよね

まぁ、売れなくてもCFは出る物件なんで、、

不動産において買主はオオカミ、売り主は羊
とも言いますからね。軽い恫喝ぐらい良しと
しましょう。

しかし、売却活動を通じて感じたのは、融資
の基準は残存耐用年数至上主義で物件の状態
は全く見ないのが気がかりでした。
戦後の住宅難による「質より量」の悪影響
なんですかね。

それとも銀行はロ○コンなのか?

同じ築古でもちゃんとしたハウスメーカーの
しっかりした私の物件が界壁のない〇オパレス
と一緒にされるのは嫌なものでした。

これも歪みってやつですかね。

追伸
 「ある考え方」を取入れて空室だけでなく
家賃を20%引き上げたノウハウを紹介する
メルマガを発行しました。

購読された方全員に、無料レポート
「不動産投資に有利な副業とその進め方」
を差し上げます。

とりあえず、こちらのページをどうぞ。

↓ 有益なブログが盛りだくさん!

コメント