札幌アパマン爆発事件

この記事は約2分で読めます。

 札幌で起こったアパマン爆発事件。
死者が出なかったから良いようなものの、
建物の被害が大きく、経済的損害を被った
方々は本当にお気の毒です。

基本、不動産業界は嘘つきが多い。
私のように経験者にとっては常識だから、
組む相手は慎重に選ぶ様にしている。

消毒のボンベを配布せずにお金だけ取る
ような輩がいるくらいだから尚更である。

だから、損害賠償の相手として戦うのは
悪徳業者を相手にすると思った方が良いかも

しかも、幸いにも今回は死者が出ていない。

これをいいことに相手は強気に出るかも。
仮に負けても裁判の慰謝料は意外と低いから
である。

あと、最悪のパターンとして倒産されると
無い袖は振れないということで賠償金の類が
支払い不可能になるかもしれない。

民事再生法でゾンビの様に復活されて、
賠償金も出ないでは踏んだり蹴ったりである

当然、裁判は長引くのでその可能性を考慮に
入れねばならないし、その間に被害者は保険
請求をしなければならないが、代理店もあて
にならない場合がある。

ひどいときには特約の内容を理解していない
ケースもあるくらいだし、代理店によっては
上手く保険会社と交渉して一見出ないケース
でも保険金が下りることがある。

まず、理解すべきことは代理店のビジネス
モデルは二つのパターンがある。

1;保険を売って保険会社から報酬を受取る

2;保険請求による成功報酬

追伸
 「ある考え方」を取入れて空室だけでなく
家賃を20%引き上げたノウハウを紹介する
メルマガを発行しました。

購読された方全員に、無料レポート
「不動産投資に有利な副業とその進め方」
を差し上げます。

とりあえず、こちらのページをどうぞ。

↓ 有益なブログが盛りだくさん!

コメント