徳川埋蔵金伝説は多分、嘘

この記事は約2分で読めます。

 幕末を取り上げた時代劇を観たら、
ふと、徳川埋蔵金伝説を思い出した。

埋蔵金伝説といえば、テレビの特番で取り
上げられていたのであなたは覚えているかも
しれない。

さて、この埋蔵金伝説、やはり嘘ではないか
と思う。

と言ってもただの嘘ではなく、当時の為政者
が意図的に流した可能性が高いのではないか

当時、アメリカと通商条約が結ばれて日本が
困ったことの一つが国内の金の流出である。

当時の金と銀の交換レートは、

世界標準  :金1に対して銀15
国内レート :金1に対して銀5

なんと、世界標準の3分の1の価格で金が
買い取れたのである!!

世界中から金を求めて商人が殺到したのは
言うまでもないだろう。

当時の金商人曰く、

真のゴールドラッシュは米西海岸でなく日本

と言わしめた程なので、当然、国内の金価格
は高騰して金融パニックが起きた。

なぜか、あまり語られていないが相当ひどい
ものだったらしい。

現代のTPPは日本の金融資産を奪う口実と
いう論調があるのはこれが遠因かもしれない

さて、話を戻すとこんなときに為政者は
どうするか。

考えられる選択肢のひとつとして情報操作
による金価格の安定を謀ってもおかしくない

つまり、「金はたくさんある。」と噂を
流して政情の安定を謀ろうとしたのだろう

そして、これがいつしか徳川埋蔵金伝説に
なったのではなかろうか。

まあ、はっきりした証拠はないので適当に
読み流してやってください。

でも、本当だったらなんか悲しいですね。

↓ 本当のイイねボタンはこちら!

コメント