上位1%の物件を見つける方法

この記事は約1分で読めます。

 わずか、1%の良い物件を見つける方法は
あるのか?しかも効率的に。

実はあるらしく、「秘書問題」とよばれる
統計数学を用いた手法を応用する。

数学と聞いて身構えるかもしれないが、
やり方は簡単で、全部で100件見るとして
37件まではスルーして38件目以降を
検討して購入するというもの。

詳しくはこちら

37はやけに半端な数字だなぁと思われた
あなたのために公式を記すと

スルー物件数 = 
 これから見る物件数 ÷ e(2.718…)
 ※eは自然対数と呼ばれる数字

となる。

もう少し詳しく解説すると、最初のスルーする
37物件で大体の物件の様子や良し悪しの判断
材料として用いて、38物件目以降で検討する
というもの。

物件価格や路線価など地域差がありますから
見知らぬエリアで物件探しをする場合は中々
良い手法かもしれません。

追伸
 奥さんの反対で不動産投資ができない方
多いですよね。とりあえずで構いません。
こちらを奥さんに生かしてはいかがでしょう

↓ 押していただけると励みになります!

コメント