アフターコロナの不動産投資

この記事は約3分で読めます。

 この記事を書いている時点ではコロナ騒ぎ
がまだ収束していない状態です。

テレワークを政府から要請されたのか、
街はガラガラです。

本当に人がいない!

そんな時に考えるのが、
「テレワークってやれば出来るじゃん!」

あなたもそう思ったはずです。

通勤時間の短縮につながるわけですから

満員電車の不快さ、

住むところの自由さ

を考えればどうしてやらなかったのか、
思わずにいられないですよね。

このテレワークが定着すれば、色々な
価値観が変わりそうです。

◆都心に近い所の土地が安くなりそう。
 そりゃそうですよね。通勤時間が関係ない
 世の中に近づくわけですから。
 私も都心から遠い所に住んで苦労しました
 加えて、2022年問題もありますしね。

◆駅近の土地も安くなる。
 やはり通勤時間も駅近の価値を成すのでは
 ないかと思うわけです。

◆そんなわけで郊外の土地値が騰がりそう
 都心から遠いだけで魅力ある郊外の土地が
 安く放置されてたら、見直されますよね。
 駅から遠いだけで生活利便性の良い地域は
 結構ありますから、見直されるいい機会
 かもしれません。

都心から離れているけど、歴史があって
 街並みが美しい地域って結構ありそうです
 よね。

◆ハザードマップが重視されそう
 日本は国土の約7割が森林(山林?)で
 住むには適さないそうで、さらには
 ハザードマップ的に危ない地域が住宅街と
 いう場合も結構、多いですよね

 通勤時間が関係無くなれば、

 本当に住みよい土地は何か?
 無理に水害リスクのない所に住まなくても
 よいのでは?

 色々考え直される時期に来てもおかしくは
 ないと思います。

そういえば、あのゲッターズ飯田さんも、

「2020年は価値観の転換が起こる」

「従来の土地などの目に見える財ではなく
儚いもの(目に見えないもの)に目が行く
時代に変わる」

と言っていました。

なかなか、深いですよね。

※嫁ブロックを打破したい方限定!

これから価値が出そうな土地について書い
てきました。土地は目に見える財ですが、

本当に住みたい土地(所)はどこなのか?

これから変わりそうである、目に見えない
価値観を考えながらこれから投資に値する
な土地(不動産)について考えるのも一考
に値するのではないでしょうか?

 
いやぁ、不動産投資って奥が深いですね。

追伸
 「ある考え方」を取入れて空室だけでなく
家賃を20%引き上げたノウハウを紹介する
メルマガを発行しました。

購読された方全員に、無料レポート
「不動産投資に有利な副業とその進め方」
を差し上げます。

とりあえず、こちらのページをどうぞ。

↓ 押していただけると励みになります!

コメント