苦しいサンタメ業者

この記事は約2分で読めます。

 所有物件を売却していただく業者さんを
探していた時のこと。

突然電話が鳴り、物件購入の話をしてきた

丁度、「かぼちゃの馬車」問題が出始めて
数か月たった頃である。

色々、購入話が出たところで物件売却の話
を切り出してみると、興味のない様子。

「売却は取り扱わないんですよね~」

もっとも、私の売却物件は築古木造なので
融資が付きづらくこう答えるのも無理は無い

しかしそれを割引いても、かなりおかしい。

「RC無いですか?」の一言あって然るべき
売却も彼らの立派な飯の種なので尚更である

そういえば、融資が締まり始めた話も聞こえ
出した頃である。

※嫁ブロックを打破したい方限定!

恐らく、短期の借入を起こして購入した自社
物件をはめ込むのに必死だったのではない
だろうか?

表向き第三者が売り主の自社物件を、なにが
なんでも最下流の顧客にはめ込みたい。

そんな思惑だったのだろう。

売却に勤しんでて良かったです。

いやぁ、不動産投資って奥が深いですね。

追伸
 「ある考え方」を取入れて空室だけでなく
家賃を20%引き上げたノウハウを紹介する
メルマガを発行しました。

購読された方全員に、無料レポート
「不動産投資に有利な副業とその進め方」
を差し上げます。

とりあえず、こちらのページをどうぞ。

↓ 有益なブログが盛りだくさん!

コメント