早く空き家を売却するために~売却プロセス_後編~

この記事は約3分で読めます。

前回の記事では仲介業者の選び方について
一緒に学びました。

今回は「売却額の交渉」についての学びです

その前に、まずは売却前の注意点。
◆火災保険は解約するな
 前回も書きましたが、火災保険は解約せず
保険金で賄える修繕をしてください。

最近は保険を使うリフォームをしてくれる
業者さんがいます。もちろん保険請求の資料
も作ってくれるのでその辺も大助かりです

ただし、全て保険金内で収まる業者を使い
ましょう。
保険金とは別に”コンサル料”をボッタクる
のもいるので要注意です。

話が逸れました。もちろん、これは「指値」
と言われる値段交渉のスキを与えないため
です。

では、本題に入ります。
<<価格交渉に遭ったら?>>

仲介業者に話を持ち込む前の準備が大事です

◆まずは、前回の記事からプライシングを
自分で設定してください。
仲介業者に決めさせるのは危険な面があるから
です。

わざと高い価格で専任の仲介契約を結ばせて
時間を経るごとに色々な理由を付けて値段を
下げさせて、「両手」を狙うのが常套手段。

多少安くても、買手、売手の両方から手数料
が入る、いわゆる「両手」の方が儲かるから
です。

◆仲介業者にあたる前に、各種書類の準備。
もちろん、写しでOKです。
 登記謄本
 公図
 土地家屋評価証明書
 (固定資産税評価証明書)
 設計図書
 検済み証、その他自治体に提出した書類
 修繕履歴

 全てを用意は出来ないかもですが、出来る
 だけ提出しましょう。

 仲介業者の心証も良くなりますし、
 騙しにくい相手とも映ります。

◆売却理由を用意
 「相続税の納付が迫っている」はNG
 買いたたかれる絶好の機会を与えます。
 ※買う側の私としては言って欲しいです笑
 かといって、「利益確定させたい」と
 いうのはすぐにバレる嘘なので、笑
 「住み替え先の家を買う頭金にしたい」
 ぐらいがいいでしょう。

◆指値(値段交渉の意)が来たら、、
・最近はあまりないようですが、いきなり
 「鬼指し」と言われる、根拠レスの大きな
 指値を入れる人がいます。

 とりあえず、無視しましょう。
 「言うだけタダ」とポジティブ好男子です。
 同じ不動産投資をしている立場の私として
 恥ずかしい限りですが、無視に限ります。

 ただし、納付期限があるならその限りでは
 ありません。

・真っ当な理由を付けてきたら、、
 大体は「リフォーム代がかかりそう」
 が多いですね。あとは、土地値で買いたい
 とか、そういった理由でしょうか。

 値幅にもよりますが、火災保険をおまけに
 して指値を防ぐ方法があります。

 火災保険を取得費にできるので買主として
 は歓迎できるはずです。

 なぜなら本来は出来ないからです。
 (地震保険は別)

・現金買いを優先せよ!
 融資で買い付けを入れた場合、その結果が
 出るまで時間がかかります。
 現金買いなら、時間的に余裕が少ない場合
 少しぐらいの指値を認める姿勢を見せても
 良いでしょう。

いやぁ、不動産投資って奥が深いですね。

追伸
 悪徳不動産業者の特徴として、受付嬢が異様
に美人というのがあります。ご注意を!

↓有益なブログが盛りだくさん!

人気ブログランキング

コメント